ニュース

としまえん(豊島園)の閉園はいつで理由は防犯対策?ハリーポッターテーマパーク開園日についても!

スポンサードリンク

練馬区にあるテーマパーク「としまえん」が、閉園予定であることが分かりました。

としまえん(豊島園)の

  • 閉園はいつなのか
  • 理由はなぜなのか
  • ハリーポッターテーマパーク開園日

について調査しました。

スポンサードリンク

としまえん(豊島園)閉園はいつ?

東京の遊園地で90年を超える歴史を持つ「としまえん」が段階的に閉園し、跡地に東京都の公園や、小説や映画が世界的に人気の「ハリー・ポッター」のテーマパークを整備する交渉が進められていることが関係者への取材で分かりました。

交渉は、ことし春までに成立する可能性があり、合意すれば、大正15年に開園し、東京郊外を代表する遊園地として親しまれてきた「としまえん」は、90年を超える歴史に幕を閉じることになります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200203/k10012270111000.htmlより引用

東京都とワーナーに売却する交渉が進められているというとしまえん(豊島園)は、段階的な閉園を検討している段階だということです。

としまえんの閉園時期については、現時点では詳しい情報はわかっていませんが、2020春までに交渉が成立する可能性があるようです。

交渉成立後に閉園日程の発表は行われると思われますが、工事などの関係で2020年内には閉園となるのではないでしょうか。

時代と共に移り替わっていくのは仕方がないことではありますが、思い入れのある建物がなくなってしまうのはとても残念ですね…。あります

スポンサードリンク

としまえん閉園の理由は?なぜ?

としまえんが閉園する理由が気になります。

都は2011年の東日本大震災後、防災対策の一環として大規模公園にする計画を決めた。都は西武側に買収を提案したが、近年は交渉が停滞していた。関係者によると、昨年頃からハリー・ポッターの施設を提案したワーナーが加わり、交渉が再び動き出した。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200203-OYT1T50024/

実は2011年の東日本大震災以降、東京都が防災対策の一環として大規模な公園を作るために、としまえんの買収を提案していたというのです。

交渉は停滞していたようですが、ワーナーが2019年から交渉に参加したことで、再び話が動き出したようですね。

西武グループとしても、ハリーポッターテーマパーク再建大規模公園の建設で集客力が上がれば、路線の利用者も増え収益が上がることを見越しての売却ではないのでしょうか。

 

スポンサードリンク

ハリーポッター開園日はいつ?

としまえんの跡地ですが、ハリー・ポッターのテーマパークの開園日はいつなのでしょうか。

報道によると、

2023年春オープンを目指す。

ということです。

スポンサードリンク

なぜハリーポッターテーマパーク?

ネット上では、としまえん(豊島園)跡地が「なぜハリーポッターテーマパークが建設されえるの?」と疑問の声が上がっていました。

ハリポタはUSJでも大変人気があります。

大阪に続き東京でもハリポタのテーマパークを建設することで、日本でさらなる収益を得られるとワーナー社が踏んだ結果なのでしょう。

としまえんの閉園は悲しいですが、一方で今後どのようなハリポタのテーマパークができるのか楽しみですね!

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク