ニュース

【衝突事故】能登半沖(大和推の排他的経済水域内)で北朝鮮漁船と水産庁の船が接触!事故の原因は?

スポンサードリンク

海上保安庁によりますと午前9時10分ごろ、水産庁から「石川県の能登半島の北西、およそ350キロの沖合で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の大型の漁船が衝突した」と連絡が入ったということです。

海上保安庁は現場に巡視船などを向かわせて救助活動を行っているようです。

スポンサードリンク

【衝突事故】能登半沖(大和推の排他的経済水域内)で北朝鮮漁船と水産庁の船が接触!

海上保安庁によりますと午前9時10分ごろ、水産庁から「石川県の能登半島の北西、およそ350キロの沖合で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の大型の漁船が衝突した」と連絡が入ったということです。

北朝鮮の船が浸水し、北朝鮮の船の乗組員およそ20人が海に投げ出されたいうことで、海上保安庁は現場に巡視船などを向かわせるとともに、詳しい情報の確認を進めています。

とNHKが報じています。

こちらの衝突事故に関しての詳細動画は入ってきておりませんので、情報が入り次第追記いたします。

スポンサードリンク

【衝突事故】能登半沖(大和推の排他的経済水域内)で北朝鮮漁船と水産庁の船が接触!事故が起こった場所はどこ?

事件が起こった場所は「石川県の能登半島の北西、およそ350キロの沖合」ということです。

北朝鮮の船の乗組員およそ20人が海に投げ出されたということですが、水産庁漁業取締船に乗っていた日本人の被害状況は発表されておらず全員が無事なのか気になるところです。

こちら情報が分かり次第追記します。

スポンサードリンク

【衝突事故】能登半沖(大和推の排他的経済水域内)で北朝鮮漁船と水産庁の船が接触!事故の原因は?

事故が起こった原因については詳しい内容はわかっておりません。

日本の排他的経済水域に北朝鮮の船がいたことから漁をしていた可能性も考えられます。

こちら情報が分かり次第追記します。

スポンサードリンク

【衝突事故】能登半沖(大和推の排他的経済水域内)で北朝鮮漁船と水産庁の船が接触!世間の反応は?

スポンサードリンク

【衝突事故】能登半沖(大和推の排他的経済水域内)で北朝鮮漁船と水産庁の船が接触!まとめ

能登半沖で起こった北朝鮮漁船と水産庁漁業取締船の衝突事故についてまとめてみました。

被害にあった方々が少しでも早く救助され全員が無事であることを祈っています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク